Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大家さんとの戦い

雨季が本格的に始まったように思えた先週、
突然ガレージの屋根が落ちました

garasi (3)

下があまり濡れていないことと骨組みが腐っているところを
みると、すさまじい暴風雨はきっかけにすぎなかったようです。

ガレージの奥は台所(こっちの家の造りあるある。)。

garasi (4)

屋根を微妙に共有していて、以来、雨が降るたび台所の床も
びしょぬれに。

一刻も早くどうにかしたい!
住人の行為による瑕疵ではないから、当然費用は大家さん持ちでしょ!
どうせ直すならついでにもっと使い勝手のいい空間にしたい!

が、一向に大家との話し合いは進みません。。。
そんなに費用負担が嫌なのか。

こっちはこの状況を放置して、引っ越しちゃってもいいのよ~。

それでも無駄に時間が過ぎていくこの非効率さに
イライラmax。本日業者さんに修理見積りをお願いしました。

インドネシア語も拙い外人にこんなことやらせるなー
と、叫びたい気分です。


ところで向かいの家も(出すゴミの状況から)同じ状況と
思われるのに、焦る気配が全くない。
同じく、地区は違えど一軒家に住む友人宅も今回の雨で
壁から水が滲み流れるそうですが、修理手配が進まないらしい。

トラブルさえもインドネシア時間で進められるのは
本当にストレスです。





学生のKOST(下宿)にあそびに行ってきた

今日は長い一日でした(と、予定外だったから長く感じました)。

朝から日本語学科の女子大生と待ち合わせ。
彼女の電車が遅れる&携帯のバッテリーが切れる、で会うまでに
1時間かかりました
まあ、ここインドネシアでは想定内。

もともと目的は、ワタシが渡したいものがあっただけ。
待ち合わせを大学にするか、別の場所にするか、で、
(以前、学校で待ち合わせしたらそのまま授業で先生役を
するはめになる、という苦い経験があったので)
別の場所を指定。
が、しかし、結局大学キャンパスに移動。
いーよいーよ、これも想定内だよ

幸い今回は授業飛び入り参加はなく(ホッ)、
たくさんの生徒さんと話して食べて、もうそろそろ
おいとましようかな、という時間で、KOST(下宿、単身アパート)に
ご招待!しかも、その場にいない子の部屋!!
え!?本人の承諾得なくていいの~???、という感じ。
これもザ・インドネシア。

絶対独りじゃ帰れないな、というような細く曲がりくねった
路地を突き進むと、少し開けた場所に小奇麗な
女子学生用KOSTが出てきました。

depankamar.jpg

玄関は付け替えたばかりだそうで、きれい。
でも中は家具もなく暗い電球一つの4,5畳ほどの
簡素な空間でした。
もちろんトイレ共同。

普段は皆、屋台でRp5,000(約50円)かRp3,000(約30円)の
メニューにするかとしばし悩むくらいなのに、あっという間に
屋台料理が目の前に。

DSC_3150.jpg

いつも思うけど、どの子の家庭やKOSTに遊びに行っても
ホントおもてなし精神がすごい。恐縮します。
でも、皆に見られながら独りじゃ食べづらいって(苦笑)。

ご近所さんやら学生さんやら次から次へと入り乱れ、
わいのわいのとしているうちにすっかり暗くなってしまいました。

久々に、普段は遠いディープなインドネシア生活を体感しました。
たまにはこういうのもいいかな。


DSC_3151.jpg


ATMも信用ならないの?!

先日の家庭教師さんの授業は、インドネシアのお金の種類。
いまさらっ
大学教授をされている方ですが、授業はホント日本人から
したら驚くほど計画性がありません。。。

そんな先生からのお金にまつわる話。
「犠牲祭の日に1juta(約10,000円)おろして、Rp200,000(約2000円)
使ったのに財布にまだ1jutaあったの。ATMからたくさん出てきたんだわ、ラッキー。
返せったって、返す場所なんてないし♪」
「。。。」
我ら2人とも同時に心の中で、「いや、財布に最初からあったんだって」と思いました(笑)
「それでいいのか、イスラム教徒」とも(笑)
が、しかし、そんな経験ワタシもあったようななかったような。
あと、日本人なら万一日本のATMでそんなことあったら通帳チェックして返すと思う。
ネコババしたなんて思われるの嫌じゃん。

21世紀の時代にそんなミスするATMが稼働してるわけ、インドネシア?と
問うと、先生曰くよくある話だとか(!)。
新札の場合はくっついているので多く出てきやすいというのが通説だそうです。

そこから話は偽札へ。
なんと、偽札もよくATMから出てくるんだそう。ATMは偽札の判別できないらしい。
知らなかったー。
そうだよね、インドネシアのお金はオモチャっぽいから
偽物作るの楽だよね、と相槌を打ったら、
ちがう、偽札作る技術が精巧なんだ、と反論されました
ワタシだったらこんな暴落し続ける通貨の偽札を作るなんて手間かけないな

以前幅の短いRp100,000(約1,000円)札が手元にあったことがあって、
インドネシアって通貨もいいかげんだな、
とその時思ったけど、
今考えると偽札だったのかもしれません。

インドネシアには偽札と知らずに使う、
過失犯の規定はあるのでしょうか?
気をつけようがないけれど、紙幣のサイズくらいはちょっと
意識して観察してみたいと思います。


ilustrasi-uang-palsu.jpg


GO-JEKますます増殖中

ほんの数か月前までは駅や若者が集うスポットでしか
捕まえられなかったBandung市内のGO-JEK(アプリで呼び出すバイクタクシー)。

気づけば、我が家の周囲もわんさか。
以前は2、3台しかマップに表示されず、呼び出しても
「周囲にドライバーがいません。」とキャンセルになることもしばしば
だった状況と比較すると急成長です。

gojekmap.jpg

急成長過ぎて支給が間に合わないのか、
あのトレードマークの緑のヘルメットにジャケットと、
正装をしているGO-JEKに出会えるのは皆無。
思いっきり私服なので、人混みスポットでの合流は大変。
さらにマップに出てくる我が家の周囲のGO-JEKは皆
家にいるようで、自宅から呼び出すと
「今から着替えるから10分待てますか?」なんて、電話で言われることも。
新しい副業(or本業)として登録するのがブームなんですかね。

出会うGO-JEKドライバーは皆優しい&安全運転。
見た目はそこらのOGEK(昔ながらのバイクタクシー)と
変わらないのだけど、きちんと組織に登録して仕事を得ようという
心意気と登録時に受けているはずのマナー講習の分だけ
信用できるのかな、と思ってせっせと利用し売り上げに貢献しています。

それにしても、人混みで見分けがつかないのは本当にやっかい。
最近イベントに出向くとGO-JEKがブース出展していることも多く、
ワタシの手元にはそれらで手に入れたグッズ類が。

gojekmap2.jpg

緑ヘルメットがないなら、せめてヘルメットにイベント配布のステッカーだけでも
貼っておいてほしいな、
と、Facebookページに要望書き込みでもしてみよっかな。





今年もヤギさんを捧げる日がやってきた

今年も犠牲祭の日がやってきました。
在ジャカルタの方曰く、「断食月は休みにならない風俗やカラオケさえも
休みになる」というほどですから、イスラム最大の祭日かもしれません。

前夜、通勤送迎の運転手さんに肉をプレゼント。

肉

当初骨付き部位&200円相当のサーロイン部位
だけのつもりがなんだか貧相で、急きょ我が家用に
購入していた牛ひき肉も追加。あはは。

そして我が家3度目の、ヤギさん2頭供出。
日本語スピーチの添削や浴衣着付けレッスンに折り紙レッスン、
夫の仕事も含めてそれなりにインドネシア社会に貢献
しているつもり。
でもなんだかんだいって、このヤギ供出が一番
大きな貢献だと思うのは喜ぶ人の数の多さか、それとも
懐の痛み度合いのせいかしら

本日から我が家は4連休で、せっかくなので旅行計画
立てていました。
が、しかし、
ここ3週間飛行機でのお出かけが続いたのと、
夫の体調がこの1週間絶不調なままなのと、
にゃんこが怪我をしたりだとか、
そもそもヤギのせいでお財布事情が厳しいetc.

色々な事情が重なって、今回は大きなお出かけ計画挫折。
で、今日は街が空いているし、買い物と美味しいランチだけでも、
と外出すれば、道中あちこちでヤギと牛の解体ショー。
3度目の光景とはいえ、やっぱりグロイと思うし
充満する血の臭いにウッときます。

肉2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。