FC2ブログ
Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATMも信用ならないの?!

先日の家庭教師さんの授業は、インドネシアのお金の種類。
いまさらっ
大学教授をされている方ですが、授業はホント日本人から
したら驚くほど計画性がありません。。。

そんな先生からのお金にまつわる話。
「犠牲祭の日に1juta(約10,000円)おろして、Rp200,000(約2000円)
使ったのに財布にまだ1jutaあったの。ATMからたくさん出てきたんだわ、ラッキー。
返せったって、返す場所なんてないし♪」
「。。。」
我ら2人とも同時に心の中で、「いや、財布に最初からあったんだって」と思いました(笑)
「それでいいのか、イスラム教徒」とも(笑)
が、しかし、そんな経験ワタシもあったようななかったような。
あと、日本人なら万一日本のATMでそんなことあったら通帳チェックして返すと思う。
ネコババしたなんて思われるの嫌じゃん。

21世紀の時代にそんなミスするATMが稼働してるわけ、インドネシア?と
問うと、先生曰くよくある話だとか(!)。
新札の場合はくっついているので多く出てきやすいというのが通説だそうです。

そこから話は偽札へ。
なんと、偽札もよくATMから出てくるんだそう。ATMは偽札の判別できないらしい。
知らなかったー。
そうだよね、インドネシアのお金はオモチャっぽいから
偽物作るの楽だよね、と相槌を打ったら、
ちがう、偽札作る技術が精巧なんだ、と反論されました
ワタシだったらこんな暴落し続ける通貨の偽札を作るなんて手間かけないな

以前幅の短いRp100,000(約1,000円)札が手元にあったことがあって、
インドネシアって通貨もいいかげんだな、
とその時思ったけど、
今考えると偽札だったのかもしれません。

インドネシアには偽札と知らずに使う、
過失犯の規定はあるのでしょうか?
気をつけようがないけれど、紙幣のサイズくらいはちょっと
意識して観察してみたいと思います。


ilustrasi-uang-palsu.jpg

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bandung971.blog.fc2.com/tb.php/360-eb943ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。