Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


断食の意義

断食が始まって最初の週末。
おしゃれカフェやモールに居る限り、その賑わいは通常と変わりません。
インドネシアの経済を動かしているのは非イスラムであることがよくわかります。

せまるインドネシア語検定にようやく「ヤバい」と焦る気持ちに火がついて、早起きをして
勉強道具を携えて開店と同時にカフェへ。

baker5.jpg

一番乗りでした。
遅めの朝食にイカスミパンと、

baker.jpg

フレッシュジュース。

baker6.jpg

勉強よりも、雑誌が気になる~。

baker3.jpg

ここはタルトも美味しいのだけど、お腹一杯で入らず。くぅ。

baker4.jpg


しばらくすると、カフェは賑やかに。ヒジャブ姿の女性に違和感がありますが、そうよね、女性は生理中やらなくていいものね。

ところで。

断食の意味を問えば、主な理由として「断食を通して飢えと渇きを体験することで、日々の生活のありがたみを再認識すると同時に欲望をコントロールする訓練にもなる。」と誰しも言います。そして断食が楽しみだと言います。
が、断食を楽しみにするそのわけが日没後の毎夜のバカ騒ぎであることに、私は一切宗教心を感じません。
昼は断食を理由に堂々と仕事も勉強も集中力を途絶えさせ、日没と同時にバカ食いして、なんの訓練にもなってないじゃん、そう思います。

知り合いのインドネシア人の「肉体労働だから飲むにきまってるじゃん、仕事にならないし。」とか、インドネシア人に嫁いだ奥様で「こんな体に悪い習慣は子供に絶対させたくないし、夫もそこは理解しているから家に居る時は普通に食べてる。」という意見の方が、むしろ自然な姿と信じています。

宗教を攻撃するのもなんだし、自分には関係ないといえばそれまでだけど、事故率と犯罪率がアップし生産性がダウンするこの季節はちょっとだけいつもよりイライラが募ります






関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bandung971.blog.fc2.com/tb.php/316-a6164263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。