Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作りたかったのは色見本 OPI編

一時帰国前に新居に引っ越しだったので、
今回の持ち帰りスーツケースの中は100均便利グッズが主。

それ以外にもどうしても買いたかったのが、これ。

StickChart.jpg

早速マイコレクションの整理。
出来上がりはこれ、ジャン

OPI5.jpg

OPI4.jpg

OPI3.jpg

OPI2.jpg

来イして余りある時間が出来たこともあって、セルフジェルネイル派から
ポリッシュ派に戻りました。
そして、ずっとしたかった持ち色の整理。

OPI.jpg

並べたの見るだけでテンション上がる~

今回日本で大人買いしたモノも含めて、まだコレクションはいっぱい。
引き続き色見本作成が楽しめるぞ~





スポンサーサイト

Bandungのロイヤルエンフィールド推しスポット

ずっと気になる店のひとつでした。

royale6.jpg

入ってすぐに、どーんとロイヤルエンフィールドのバイク。
イギリスで生まれ、現在はインドに買われた(最近はみんなそうね。。。)
ブランドです。

royale5.jpg

ライダー向けアパレル製品ショップにカフェと理容コーナーが
併設されています。
ロイヤルエンフィールドファンにはたまらないに違いない、きっと。

royale4.jpg

壁面インテリアもオシャレ。
オーナーさんのマニアックぶりが感じられます。

royale.jpg

インドネシアでロイヤルエンフィールドなんてさぞかし金持ち
なんだろうと思っていたら、どうやら500ccクラスでRp80juta(約80万円)
前後らしいてす。
あれ、日本と変わらない価格!?
にしても、こんな趣味にこれだけ投資できるなんて相当なお金持ち
であることに変わりはありません。

片隅には、スズキの歴史ブック。

royale7.jpg

これ欲しーい、と思ったのに非売品でした。残念。

バイクに関してはど素人ですが、こういう趣味性に突き抜けた
お店は大好き。
頑丈に作られた帆布トートバッグなら、普段使いもいけそう。


常連になりたいけど、メニューにコーヒーとアルコールしかないのが
辛いところ。スイーツも置いてくれないかな





友人の一時帰国に間に合った♪

今回の一時帰国中は、Bandungで知り合い先に帰国した知人
数名にも会ってきました。
Bandungの変わったところ変わらないところを報告したり、
近況を報告しあったり。
日本で普通に生活していたら出会わないであろう方々と
知り合えるのも、海外生活の利点の一つと改めて感じます。

そして今日は、現在マレーシア在でBandungに一時帰国中の
友人とお茶をしてきました。
4ヵ月ぶりなので、Facebookで繋がっているとはいえ
聞きたいこと話したいことは盛りだくさん。

お土産もたくさん頂きました。
なぜかキッコーマンのお醤油まで(笑)

malaysia土産

チャイ、美味しい

マレーシアは、クアラルンプールを2回訪れたことがあります。
KLに限って言えば、買い物スポットも交通システムが充実していながら、
自然遺産も異国情緒も満載。
どこでも英語が通じて、不自由さゼロ。
好きな場所の一つです。

友人&友人ファミリーに会いに行くことを、今年の目標の
ひとつにするぞー


初めて利用!Bandungの空港ラウンジ

心身ともにエネルギーチャージを終え、2週間弱の一時帰国から
戻ってきました。
何かの間違いで空港リニューアル終わってないかな、と期待を
しましたが、終わってませんでした。当たり前か。
いつもの傾向では、あまりに愉しい日本滞在の反動で、ネシア生活に慣れるのに約1カ月のリハビリを要します

今回の帰国時、初めてBandungの空港にあるラウンジを利用しました。
常々どうやったら入れるんだろう、と疑問に思っていたところ、
空港チェックインカウンター前で空港スタッフから
「ラウンジご利用になりませんか?」との声掛け。

1人Rp110,000(約1100円)。
飲食付き&優先搭乗に加えてチェックインカウンターからイミグレ手続き
に至るまですべて込みとのこと。
何事も経験と、利用してみました。

荷物とパスポートをスタッフに預け、何のチェックを受けることもなく
イミグレを通過してラウンジへ。

Bラウンジ2

暗い。そして、スペシャル感、ゼロ
優先搭乗口はまるで従業員出入り口のよう。

Bラウンジ

とはいえ、遅々として進まないイミグレや、席が搭乗者全員分ないで
あろう出発ゲート前待合室のストレスを考えると、利用価値大です

次回も率先して利用しようっと。





やばい、似てる

我が家に兄にゃんを迎え入れたのも、去年の一時帰国直前でした。
近所の野良猫一家の一員だった彼のママが突然亡くなり、
一時帰国直前で時間がなかったからこそ、
悩むことなく預かってくれるペットショップを探すのに無我夢中でした。

この時実は子猫は2匹いて、日本から帰ったら2匹を迎え入れる
覚悟をしていたのですが、1匹はペットショップで亡くなりました。

近所の、ママが現れる気配のない子猫ちゃん。

chibiko.jpg

亡くなった当時の子猫(↓) と、似てるかも。

konyao.jpg

うーん、これもまた運命の出会い?

この国で野良猫を可哀想と思っていたらきりがありません。
が、とても胸が痛みます。






一時帰国前の一大事

外壁で囲まれた住宅団地(Komplek perumahan)に入り2度守衛さんに
挨拶をして、次の角を曲がったら我が家の通り、という所で、
またまた出会ってしまいました。

chibiko2.jpg

ママとはぐれてしまったらしい、カワイイ子猫。

chibiko3.jpg

インドネシアの嫌いなところのひとつは、本当に野良猫が
多いこと。
こんなカワイイ子を見捨てていけません。
だって可哀想な姿で横たわる子だって、何度となく見ているんだもの。

chibiko4.jpg

とはいえ、そんな気持ちで我が家には保護した子が2匹。
一時帰国を間近に控えているし、プラス1匹って無理。
後ろ髪ひかれながら帰宅したものの心配で、定期チェック。
全身で鳴いているのにママが現れる気配も誰かが拾ってくれる気配も
ありません。

このままじゃ死んじゃう、と想像出来るのに無視し続けるのは
ホント無理。くぅ。

chibiko.jpg

せめて皆が適当に餌をあげてくれそうな、3分先の
ローカル居住区へ移動させようかな。。。






今回のお土産

一時帰国に向けてのお土産準備、完了。
普段は日々の消耗品以外買い物しないので(Bandungで
買うモノない、ホントに)、お土産購入は買い物欲が
満たされる愉しい作業です。

お土産2015

ココナッツシュガーにライムティー、
ウタマスパイスのボディーローションに、この時期限定パッケージの
JKT48ポッキー、虫よけetc.。
もちろん、ココナッツオイルも10本買いました。重っ。

それからこれも、この時期ならではのポチ袋。

お土産20152

何に使うって具体的なアイデアは未だないけれど、
お土産を配る時に活かしたいと思っています。

今回はBandungからSingapore経由での帰国。
ワタシの家族は皆、何かわからないものには手を付けない
タイプなので(汗)、トランジット時にチョコとかタバコetc.わかり易い
お土産を買うつもりです。








GO-JEKでGO OUT!も10回目

Jakartaではすっかりおなじみであろう、GO-JEK。
Bandungでも今年の4月からサービス開始しています。

個人(で勝手に営業)でしかなかったバイクタクシーを
組織化し、人の送迎のみならずデリバリーや買い物代行まで
承ろうというインドネシアでは画期的なサービス。
しかも、アプリ経由で予約。

gojek.jpg

アプリ経由で呼び出せ、目的地をインプットすることで
運賃も事前に確認できるのは日本人には嬉しいサービス。
シャワーキャップとマスクの無料提供まであるなんてすごい。
利用しない手はありません。
バイクタクシーって渋滞回避にはもってこいだし。

Bandungでの初の試みは、3回続けて
「SORRY CANNOT FIND DRIVER」のメッセージ。
4回目にして
「20分以内にドライバー到着予定です」にこぎつけ
小躍りしたものの、ドライバーに出会えないままワタシの予約は
「ミッションコンプリート」に。

ダメダメシステムじゃん、と思いつつ
Jakarta訪問の際に試みると、これがまたスムーズ。
なるほど、サービスがダメなのではなく、Bandungではまだ
これからなのだと理解しました。

gojek2.jpg

Bandungではまだ、登録ドライバーは300人ほどだそうです。
そりゃ、簡単には捕まりません。
そもそも街の規模と人々の洗練度からいって、少なくともデリバリーサービスや
買い物代行は流行らなさそう。
ここ、インドネシア人自体が思っている以上に田舎で人が進化していないので。

この画期的なシステム、活かされないままBandungでは廃れちゃいました、に
ならないように1ユーザーとしてめげずに利用したいと思っています。







ここだけBandungじゃないみたい、なお散歩コース

一時帰国中にニャンコを預けるペットショップのリサーチついでに、
久々にMTCに来ました。

ショッピングモールを中心に個人商店が立ち並ぶ、おそらく
古いショッピング開発区。
ここ、まるでBandungとは思えないほど(!!!)整然としていて
ワタシのお気に入りスポットの一つです。
こういう開発が出来る人に、街づくりしてほしいわ。

mtc.jpg

この角のカフェショットなんて、ちょっとバリっぽい。

mtc2.jpg

半年振り以上に来たので知らないお店もちらほら。
他も気になりつつ、オープン3カ月目だというカフェで休憩しました。

mtc3.jpg

最近流行りの!?、床屋スペース併設。

mtc4.jpg

マスターのお勧めコーヒー、美味しかったです。

mtc5.jpg

こういう小じんまりなカフェ、本当に好き。
通いたいけど、ちょっとアクセスが悪すぎるな―。
近所に引っ越してきてくれないかな






Bandungで、とうとう去勢手術

我が家のニャンコは2匹ともオス。
約半年前から、去勢はどこにお願いしようかと悩んでいました。

知人に評判のいい獣医さんを訪ねたり、ネットで探したクリニック数件に
出向くも、いずれも決め手に欠けました。
近所のいつもお世話になっている獣医さんにお願いしてもよいのだけど、
雑然としている感じが、どうも。人間向けの医者さえワタシは信用していないので
大事なニャンコの手術先決定には慎重でした。

熟考の結果、Gloria Vetへ。

gloria.jpg

決め手はこのおどろおどろしいリーフレットと
明るくて小奇麗な院内。そして、
受付、獣医さん、アシスタントの動きがとても円滑に見えたことです。
ここだけインドネシアじゃないみたい(笑)

手術は2匹で1時間かからず、抜糸も必要ないとのこと。
費用は薬代Rp40,000(約400円)と手術代Rp300,000(約3000円)/匹でした。

手術当日は、本人たち麻酔がまだ抜けていないことに気づかないのか
それとも痛みがあるのか、よろけてはひっくり返り、ソファに飛び乗ろうとしては
失敗し。
痛々しくて見ていられませんでした。

が、翌日からは何事もなかったように元気いっぱい。
昼夜問わず家の中を走り回りベッドに侵入し、こちらが眠れないほど。
これで一安心です

2nya.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。