Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


200円の差なら、どっち?

2週続けて、Jakartaに出向いています。
時間が読めないのは嫌なので、毎回電車利用。
Jakartaに入ってしまえばTaxi以外にBajajやTrans Jakartaなど
乗物が充実しているので本当に便利です。Bandungにも欲しい

電車の切符を購入する時ちょっとだけ悩むのが、座席を
エグゼクティブとビジネス、どちらにするか。

エグゼクティブのキャプテンシートもいいし、

kreta e

空いてる時間帯ならビジネスのベンチシートの方が楽かも。

kereta b

大きく価格の開きがあれば悩むことなく安い方の席、なのですが、
たった200円程度の差。

毎回、しばし考えます


スポンサーサイト

Trans Bandungって、これ~???

ニュースで「本日からTrans Bandung開始」というのを聞いて、
ワクワクしていました。

頭の中はすっかりTrans Jakartaのイメージ。
市内でそんな大がかりな工事してる道路あったんだ、と思っていたら
Angkotで移動中に同乗者の方が「あ、Trans Bandung!」と一言。

…。
なんのことはない、ただのバスでした。。。

transbandung.jpg

Bandung市は、1回Rp3,000(約30円)、学生なら半額の格安運賃
設定にすることで、利用を促し、渋滞を解消しようという目論見。

いやいや、そんなことじゃバイクやクルマ辞めよ、って、ならないでしょ?
Trans Jakartaは(改良の必要性は大きいけど)専用道路で
多少なりとも渋滞に左右されないから、存在価値があるのよ。
Trans Bandungは、大きいくせに乗用車と同じようにUターンまで
しようとして、余計渋滞引き起こしてるよ

Bandungに、これ!という公共交通機関が出来るのはまだまだみたいです。





やっぱり1号店か好き

観光客で賑わうBandungのDAGO地区に2号店をオープンした、Noah's Barn。
広くてインテリアもよりオシャレにパワーアップしていますが、ワタシはやっぱり1号店の方が好き。

noah3.jpg

従業員2人で十分回せる、そのこじんまり感が好きなのです。

noah2.jpg

ブラックボードに書いたメニューを見ながら、カウンターで注文。

noah4.jpg

よくばって、アップルパイとチーズケーキの2つも同時に頼んじゃいました。
うひひ

noah.jpg






断食の意義

断食が始まって最初の週末。
おしゃれカフェやモールに居る限り、その賑わいは通常と変わりません。
インドネシアの経済を動かしているのは非イスラムであることがよくわかります。

せまるインドネシア語検定にようやく「ヤバい」と焦る気持ちに火がついて、早起きをして
勉強道具を携えて開店と同時にカフェへ。

baker5.jpg

一番乗りでした。
遅めの朝食にイカスミパンと、

baker.jpg

フレッシュジュース。

baker6.jpg

勉強よりも、雑誌が気になる~。

baker3.jpg

ここはタルトも美味しいのだけど、お腹一杯で入らず。くぅ。

baker4.jpg


しばらくすると、カフェは賑やかに。ヒジャブ姿の女性に違和感がありますが、そうよね、女性は生理中やらなくていいものね。

ところで。

断食の意味を問えば、主な理由として「断食を通して飢えと渇きを体験することで、日々の生活のありがたみを再認識すると同時に欲望をコントロールする訓練にもなる。」と誰しも言います。そして断食が楽しみだと言います。
が、断食を楽しみにするそのわけが日没後の毎夜のバカ騒ぎであることに、私は一切宗教心を感じません。
昼は断食を理由に堂々と仕事も勉強も集中力を途絶えさせ、日没と同時にバカ食いして、なんの訓練にもなってないじゃん、そう思います。

知り合いのインドネシア人の「肉体労働だから飲むにきまってるじゃん、仕事にならないし。」とか、インドネシア人に嫁いだ奥様で「こんな体に悪い習慣は子供に絶対させたくないし、夫もそこは理解しているから家に居る時は普通に食べてる。」という意見の方が、むしろ自然な姿と信じています。

宗教を攻撃するのもなんだし、自分には関係ないといえばそれまでだけど、事故率と犯罪率がアップし生産性がダウンするこの季節はちょっとだけいつもよりイライラが募ります







破壊的に可愛い(๑˃̵ᴗ˂̵)و

あー、寝室の窓閉めるの忘れてたな、と
思いながら外出先から帰宅。

やっぱり

コミケ昼寝

侵入常習犯の野良猫ちゃんが、寝てました。
しかも、クッションを使って!

が、カワイイ寝顔に思わず携帯カメラを構えると
目覚めて、

コミケ昼寝2

シャーと威嚇。

コミケ昼寝3

くぅ、威嚇するその顔も破壊的にカワイイわ。

どなたか飼ってくれる人でも見つかれば
すぐにでも捕獲を試みるのですが、
短毛は飼う対象ではなく、屋台で食事していると
寄ってくるモノ、という認識のお国柄。

ワタシの周りに飼おうという人はいません。
むしろ、「それより良いペルシャいるけど、どう?」と
勧められる始末。

うーん。





新居で心地よい空間作り その2

新居の寝室には家具が一切なく、クローゼットだけでも
必要です。
市内中の家具屋を巡りましたが、品質+見合ったコスト帯の納得いく
モノに出会えず。
IKEAに電話しましたがBandungは配達対象外と言われました。くぅ。

というわけで、小汚い大工屋が立ち並ぶ通りの1軒を恐る恐る
訪問。最初に入ったところは玄関ドア専門の大工さんで、棚を
作ってくれるという3軒先に案内してくれました。

持参したイメージ写真とサイズを伝え、仕上げ加工の見本台帳から
希望の色と質感を選んで即注文。

出来あがったクローゼットがこちら。

注文


写真では伝わりにくいでしょうが、想像以上に素晴らしい出来栄えです。
おっちゃん一人経営のぐちゃぐちゃの作業場。
内心出来あがりの精度を疑っていました、ごめんよーっ

そして、合わせて注文していたキャットタワーがこちら。

注文2

うん、完璧&大満足





久々に、Saka Bistro & Bar


どちらかというと、夜デート向きのビストロ。
お昼に来たのは初めてです。

入口の黄色いVespaがおしゃれ。

saka.jpg

ここのインテリアは(私にとっては)どことなくスペインのテイストが
感じられて、心地よい空間のひとつ。

奥のソファ席とか、

saka7.jpg

テラス席とか。

saka9.jpg

お酒を呑みたいところをぐっと我慢して、パッションフルーツジュース。

saka4.jpg

夫はストロベリーソーダ。

saka5.jpg

食事の後、フローズンブラウニーに初挑戦。

saka2.jpg

激うまでした~

娯楽の少ないここBandungでは、美味しいものを食べるのは
大事な娯楽の一つ。

期待通りの美味しさに出会えると本当に幸せな気分になります





来年こそ!Bandungにもモノレール

2年の賃貸契約更新月に合わせて引っ越す予定。
毎日断捨離に明け暮れています。

年間1000ルピア(約100円)で配達される月刊タウン情報誌、
Star Glam。これもまとめて捨てます。
捨てる前にとパラパラ見ていたら2013年12月号に
2014年はモノレール着工!的な記事が載ってました。

monorel.jpg

もう2015年だよf(^.^;

当時の計画のままなら、私の住むBandungの南から北のDagoまで
モノレールだとたったの17分。
改めてBandungはコンパクトな街だなと感じます。

Monorel_Bandung_Infografis_Detikfinance.jpg

先月のニュースによると、来年2016年モノレール工事着工を
目指して、現在Bandungは業者を選定中。
今のところシンガポール、韓国、ローカル3社の5社がノミネートされているようです。

来イした約2年前より明らかに渋滞はひどくなっているし、大気汚染も
すごくてハードコンタクトレンズのワタシはいつも目をしばしばさせています。

1日でも早いモノレール着工&完成を楽しみにしています。






新居で心地よい空間作り その1

入居を決めた新しい賃貸物件のカギを貰いました。

中庭に面したリビング、

rumah baru2

バスルーム付き主寝室、

rumah baru5

その他2部屋。
今まで住んでいた家と面積は大きく変わりませんが、広く見えます。

rumah baru

備え付けられている家具は飾棚とダイニングテーブル、

rumah baru4

そしてTV台。玄関前にあったラタンチェアをリビングに移動してみました。

rumah baru3

大家さんがわざわざ買い換えてくれたダイニングチェアは
何故かオフィスチェア。。。

見学の時にはなかったラタンチェアのクッション柄が微妙(アイボリー無地でリクエストしたのに)。

窓とサイズのあっていないカーテン(こちらもアイボリー無地でリクエストしたけど柄入り)。

それでも準備してくれたのは有難い。
少しづつ自分好みに変えてしまおうと考えています。

1日で荷物を移動し、インターネットは翌週にでも移設して、
どうせ7月に2週間一時帰国するから足りないものの準備は
少しずつでいいよね、
なんて簡単に考えていたのですが、大きな問題を発見。
温水器のキャパが10Lでした
これではシャワー1分も浴びられない。
見学時はお湯が出ることしか確認していなくて迂闊でした。
別途温水器設置(とそれに伴う配管)工事手配をする必要が
出てきて、いったん移動保留。

というわけで、洋服と食器以外の荷物は運び込んだけれど、
完全引越しはいつになるか見えません。

気を抜かないようにしないと、あっという間に今の家の
契約終了日を迎えてしまいそうです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。