Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トリコロールに染まった日

11/12のレバノンに引き続き、13にはフランス・パリで痛ましいテロ。
激しい憤りを感じます。

欧州や中東、ロシア等に駐在する友人たちが心配であると同時に、
ここインドネシアも最後に国際テロがあったのは2009年という
最近の話、また、つい2か月前はインドネシアの日本公館も標的に
せよとの言葉がISから発せられたとのニュースも見たような。
決して日本が安全とは言わないけれど、自分も友人らから時に心配される
場所に暮らしていることを今一度認識しました。

ところで、哀悼の意を表してFBをトリコロールカラーにしたり
街のライトアップがトリコロールになることに関して批判が。
ちょっと前のアイスバケツチャレンジ然り、やれ、イラクやシリアに
対して不公平だの、他の難病患者に対して不公平だの、
お祭り騒ぎにすり替えてるだのetc.。

哀悼の意の表し方、共感の仕方は、人ぞれぞれ。
心のうちにとどめるもよし、表現するもよし。

ただ、人の想いにケチをつけるなら、誰とも関わるな、
何も見るな、何も聞くな!


jerman-tawarkan-bantuan-militer-untuk-prancis-usai-serangan-teror.png









スポンサーサイト

禁酒法の行方

数日前ですが、興味深い記事がありました。

戒律の国・インドネシア 酒を楽しむ人増加
           ※NHK NEWSWEBより

わずがながらインドネシアでもお酒をたしなむ人が増えていて、
日本の酒造メーカーが注目している、という記事です。

日頃から、21世紀の時代に宗教が飲食に口出しするのって
変なの、と思う一人としては、信仰心とライフスタイル(経済活動)は
別のものととらえる人が増えているのは喜ばしいことです。

ところで4月に小規模店舗でのアルコール販売が禁止になり、
Bandungにその波は断食明け辺りから来たように思います。

例えばワタシ達が頻繁に利用しているPaskal Food Market。

paskar夜 (2)

ビアガーデンの雰囲気でローカルフードを楽しみながら
ビールを飲める貴重な場所だったのに、アルコール販売が
なくなりました。
がしかし、近くにリカーショップが出来て、ここで買って
持ち込めばいいので、手間は増えたけどノープロブレム。
なんのこっちゃい。
こういうのは小規模店には入らないんですかね?

paskar夜 (1)

どれだけ法律が出来ても常に逃げ道があるのが
インドネシアの良いところです(←嫌み)。

今は小規模店舗販売禁止にとどまる禁止法も、
最終的にはインドネシア全土でアルコール飲料の製造や販売、
飲酒を禁止するという方向で未だ議論されているそうですね。
(ワタシ達が来イする前からずっとらしい)
アルコールLOVEの立場として法案の行方は気になります。

でも一言、インドネシア政府に声を大にして言いたい。
たとえ禁止になっても消費する我らは困らない。
飲みたくなったら飲める所に行くからいいよ。
困るのはあなた達、製造してる&売っているインドネシア人ですよーっ


Bandungを訪れる外国人数

先日のニュースによると、7月度にBandungの空港を利用して
入国した外国人は6619人。
ワタシにとっては「こんなにいるの?」という驚きですが、
大幅に落ち込んだ数字だそうです。

同月のホテル稼働率は43.71%。これも低い数字です。

Alun Alunに、

alunalunbandung.jpg

Gedung Sate。

gedung-sate-_140704124930-619.jpg

オランダの植民地時代から残る住宅群etc.それなりに
キレイなスポットはありますが、外国人に訴求するような
スポットは残念ながらありません。
あくまで涼しい気候が売りの国内向けお出かけスポット、といったところ。

ニュースの中では(インドネシアを含む)東南アジアの
経済不振が原因の一つであることもさることながら、
渋滞解消や安全性の推進、インフラのメンテを進めなければ
外国人は呼び込めないであろうと締められていました。

インドネシアのあるあるでしょうが、ここBandungも
何でもやったらやりっぱなし。
街を美しくするために木を植えれば伸び放題、花を
植えれば枯れ放題、ゴミ箱設置も運用せず荒れ放題。
美しい状態とはあるべき姿を維持するべく手入れすること、
という意識ゼロなんじゃないかと思う毎日なので、
"インフラのメンテ"なんてワードが出てきただけで
なんだかとっても感動

Bandungの進化に期待します






Go-jekもUberも必要だぞ

バイクタクシー配車サービスのGo-jekに、

gojek logo

タクシー配車サービスのUber。

uber-logo.jpg

どちらもアプリを介して呼び出せ、事前運賃提示の明朗会計配車サービスです。
ワタシにとっては利用価値大のサービス。

ワタシが頻繁に利用していることを知っている家庭教師の先生が、
Bandungでこれらのサービスについての有識者会議があったと教えてくれました。
なんでも、現在はこういう類の会社に対する法整備が無く、現段階では違反に相当するとか?
(じゃかるた新聞でも記事になっていたと同じくサービス愛好者の友人が教えてくれました。)

ならば前向きに法整備を進めて(若しくは企業側は必要な認可を取得して)、
早く違反のない状態になってほしいものです。
まさかの営業停止、そしてそのまま(インドネシアらしく)法整備もされず放置、なんて最悪の状態になりませんように。
むしろ、白タクと無数の自営Ojek(バイクタクシー)取り締まりを強化して欲しいわ。

有識者会議の日は、会場であるITB(バンドン工科大学)でGo-jek&Uber反対のデモもあったとか。
どんな人が反対するんだろ。
いや、そりゃ白タクや自営Ojekのおっちゃん達、競合タクシー会社は反対だろうけどさ。








モデル別販売台数TOP10 (2015年 上半期)

時期柄、6月の販売台数と合わせて
上半期情報もニュース報道されていました。



1. Toyota Avanza

2. Daihatsu Gran Max PU

3. Toyota Agya

4. Suzuki Carry PU

5. Toyota Innova

6. Honda Mobilio

7. Daihatsu Xenia

8. Daihatsu Ayla

9. Suzuki Ertiga

10. Honda Brio


むむむ。

ランクイン車種が6月度と全く一緒。
最近はこれらの車種で固定されているんですね。

因みに我が家は三菱のPajero Sport。
車高があるのでBandungのボロ道もなんのその。いい車です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。