Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4匹の命を助けられなかった

ブログどころではなかった2週間、とても悲しいことがありました。

我が家のある通りを住処とする野良ネコちゃん。
推定半年の若い雌猫で、すでに妊娠。
ある日、我が家のお庭に今にも産みそうな勢いで飛び込んできました。

コミケ退院 (2)

そのうち苦しそうに家の中へ。
我が家で産み落とされては困る、でも、可哀想。
急いでタオルを敷いた段ボール箱を準備すると、箱から出たり入ったりと落ち着かない。
あまりに苦しそうで、近づくと威嚇するのだけど、思い切って撫でると不安げにゴロゴロ。
よく見れば、足が一本見える。逆子か!

そんな状態が数時間続き、ネットでググるとどうやら危険な状態。
野良猫だしどうしよう、と悩みつつ、最終的に動物クリニックに
電話して、手術するならお金は負担するからと捕獲をお願いしました。

が、やってきたのは「赤ちゃんが出かかってるなんて怖い」と、ド素人も
いいかげんにして(怒)、な若い男の子。
そうこうしているうちに、外へ逃げられてしまいました(怒・怒・怒)

最後に見た可哀想な姿が忘れられなくて、その後2晩かけて夫と2人
捜索し、最終的には噛みつかれながらも無事に捕獲。
手術(避妊含む)を受けさせることが出来ました。
お腹の赤ちゃん4匹は全滅、母猫も危ない状態だったそう(クリニック曰く)。

1週間入院が必要とのことでクリニックに置いていき、夫と
「野良猫の為にお金かかっちゃったけど一安心だね」なんて
話していたら、その後も事件が。

引取り予定の前日の朝、クリニックから電話。
「出勤したらケージが空で、どこにもいません。ごめんなさい。」
「は?建物のドア閉まっているなら中のどこかにいるでしょ?
電話する前に探して!
逃げられる為に高いお金払ったんじゃないの!
(↑こっちの給料一カ月分)
野良猫だからって、雑に扱ってない? etc.」
ひっさびさに、心の底から怒りにうち震えました。
そして、怒りが頂点に達すると自分でも驚くほどインドネシア語が
流暢になることを発見しました(笑)。

なんのことはない、その日のうちに建物内で見つかり、
無事に引取り。

とりあえずガレージに放したら、どうして帰ってきたと
わかったのか、同じ通りに住む兄弟猫ちゃんもやってきて寄り添っています。

コミケ退院 (1)

野良猫だからと躊躇せず、やるべきことをしたら
お腹の子は助けてあげられたかも、と思うと胸が痛みます。
一方で、(日本人発想だけど)可哀想な野良猫は新たに増えず、
同時に避妊手術も受けさせられたのだから
これで良かったのかも、とも。
ワタシたちも飼ってあげられないし。

それにしても、野良ネコちゃんの苦しむ姿と
取り出された4匹の亡骸が鮮明に思い出されて辛くてしょうがない。
でもこの野良ネコちゃん、上手に産めないってわかっていて、
ひょっとしたら、日本人である我が家に飛び込めば
助けてもらえるって思って来たのかも、と思うようにしています。



スポンサーサイト

にゃんこの大怪我に気づかなかった(つд;*)ニャン…

我が家のニャンコたちは外への往来自由。
とはいえ、ここまでがテリトリー、とわかっているようで
窓をくぐりぬけても専ら駐車場&庭で遊ぶのみです。

ニャーミ怪我

とはいえ、テリトリー内には
ノラ猫ばかりか近所の犬が来ることも(!)

ニャーミ怪我2

3日ほど前から耳を伏せつつ急にベッドで一緒に
寝たがるようになった一番上の兄にゃん。

ニャーミ怪我4

様子がおかしいことまでは気付いたものの、
最近一匹増えてストレスかな、くらいにしか思っていませんでした。

が、しかし。
昨夜、ベッドにうっすらと血が。
ん、ワタシ生理じゃないよ、というのでやっと兄にゃんの
怪我に気づきました。
毛をかきあげると、3か所肉がえぐれてる
猫は我慢強いと言いますが、ずっと我慢していたんですね、ごめんよ~。

今朝一番にクリニックに行くと、猫か犬に咬まれた傷で、
3、4日は経っているように見えるとのこと。
急いで治療してもらいました。
オペ費用は一週間分の薬込みでRp580,000(約5,800円)。
3人がかりで談笑しつつ(ムカッ)、1時間を超える長い縫合作業でした。。。

ニャーミ怪我3

患部の毛は剃られ、傷の縫い口はかな~り雑で
より一層痛々しい

それでも一晩心配で眠れない夜を過ごしたので
これで安心です。
早く良くなーれー




正式に、3匹目

ずっと里親探しをしていたチビ虎ちゃん。
一時帰国前の一大事)
里親、見つからず)

2nyasuke2.jpg

意を決して、我が家に迎え入れることにしました。

毎週ヤクルトを配達してくれるヤクルトレディさんにも、
「こんな汚い猫じゃなくて、毛の長いキレイな子探しましょうか?」
なんて言われるし、私の非力さではネシア人里親は
見つからん、ってか、信用できん、という結論に
皆、悪気ないのは理解してますけどね。

ワクチンを接種し、先住ニャンにも受け入れられて
すっかり”我が家の子”の顔になりました。

2nyasuke.jpg

全部で3匹。
一時帰国の時とか、預け先にまた悩むんだろうな。
ペットシッター養成しよっかな。


2nyasuke3.jpg






里親、見つからず

先日の一時帰国直前に出会ってしまった、
子猫ちゃん。
一時帰国前の一大事)


nyasuke2.jpg

結局見捨てておけず、親が迎えに来ないのを再三確認した後
動物クリニックに預けました。
里親探しも並行してお願い。

が、里親さんは見つからず、今、我が家に居ます。

nyasuke3.jpg

こんなに愛らしいのに、獣医さんはあっさり
「毛が長い子なら皆欲しがるんだけどねー。
飼えないなら、元いた場所に戻せば?」と、あっさり。
解っています、よく言われます

nyasuke4.jpg

同じように野良の出の先住猫は、2匹とも茶トラ。
この子も茶トラ。

我が家に迎え入れなさい、ということかもしれません。






nyasuke.jpg


やばい、似てる

我が家に兄にゃんを迎え入れたのも、去年の一時帰国直前でした。
近所の野良猫一家の一員だった彼のママが突然亡くなり、
一時帰国直前で時間がなかったからこそ、
悩むことなく預かってくれるペットショップを探すのに無我夢中でした。

この時実は子猫は2匹いて、日本から帰ったら2匹を迎え入れる
覚悟をしていたのですが、1匹はペットショップで亡くなりました。

近所の、ママが現れる気配のない子猫ちゃん。

chibiko.jpg

亡くなった当時の子猫(↓) と、似てるかも。

konyao.jpg

うーん、これもまた運命の出会い?

この国で野良猫を可哀想と思っていたらきりがありません。
が、とても胸が痛みます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。